スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日差しが春めいて。

Category : 水鉢のこと
やっぱりプラ舟には朱い子を

う~ん。

最初、青メダカと白メダカを混泳させていたプラ舟水槽。

どうにもしっくりこなくて、やっぱり白い子と朱色系の子を入れることにしました。
だって、背景と同化して青メダカたちってば見えなくなるんだもん。


青メダカたちは梅壺へGO.

でもって、青メダカたちは梅壺へお引越し。

白く写っているのも青メダカです。

近い将来ミナミヌマエビの稚エビが出現した時のためにと、マツモを入れておきました。
産まれてもメダカ達に食べられちゃうかもしれない件は、またいずれ考えよう。


クロメダカの群れ

新潟産クロメダカたちです。鉢の構成はシンプルに。
いずれ、ゴージャスなピンクの温帯スイレンがポコポコと咲くのである。(たぶん)

今年は赤玉土をちゃんとネリネリしたおかげで、
油粕を埋め込んでも鉢がコケてきません。 去年は追肥即コケ!でしたもん。何気に感激。


ピ・ン・ク・の・パ~ンダ♪

ピ・ン・ク・の・パ~ンダ♪たちの白い鉢には
鮮やかなグリーンのアナカリスを追加しました。かわいいぞ。<ハイ!今日も激しく自己満足。


春はあけぼの。まだまだ肌寒いベランダでイヌを抱いてヌクヌクしながら
眺むる水鉢ぞ いとをかし。


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
なんだか日差しが春めいて。
今日は稚魚が3匹孵りました。

スポンサーサイト

テーマ : ★水系のペットなんでも!!★
ジャンル : ペット

プラ舟放流式、開式します。

Category : 水鉢のこと
2010年ファミリー。

最初に青メダカ2匹・白メダカ2匹からスタートした青・白メダカファミリー。
なんかすごくいっぱい卵を採ったし、稚魚もいっぱい生まれた気が…
いえ、明らかにもっとたくさんいたはずなのに数えてみたら
この20匹(親含む)ほどと、ガラス鉢に入っている数匹ということは。

知らないうちに淘汰されたんですよね、きっと。

稚魚を飼育する際に本当は、孵化水槽→チビッコ水槽→親と同じ水槽と
成長に合わせて3段階に分けるのが王道なのでしょうが
私、そこは大雑把というか孵化水槽である程度まで大きくして
次にお安い層へ…違う、親水槽へと移す2段階方式だったので
パクパクされちゃった子がたくさんいるのかもしれません。

それで生き残った子たちなので、
ここにいるのは泳力も体力も運もある強い子たちばかり。(なはず。)



クロスケかーさんに注目。

中央にいる、うすーいグレーの子が青メダカの「クロスケかーさん」です。
「花鉢」にいる時は、真っ黒な子だったので「クロスケ」なんて呼んでましたが
白い容器に入れてみたら、ほんのりホッペが赤いので透明鱗かも。
今年は小さなプラケースを導入して横見なんかもしてみよう^^



いろいろブルー。

白メダカはひと目でそれとわかりますが、青メダカはブルーのトーンがいろいろですね。
一匹、茶っぽい子がいますが(見つけられる?) 
その子はブチのヒメダカなのでヒメダカの鉢に戻しました。
しばらくは青・白メダカのみで清涼感のあるプラ舟飼育を楽しむつもり。

のちのちヒメダカも合流してミックスカラフル水槽にする予定です。



いざ放流。

水合わせも完了したので、ゆ~っくりとプラ舟へ放流します。なるべく静かに。
ゴゴーーーっと水流を起こさないように。そーっとそっーーーっと。



さぁ、スタートしました!

さぁ、飛び出しました。先頭は青メダカ。クロスケかーさんは2番手に着けております。
おっと、白メダカ逆走。これはイタい。



散ってしまった。

放流後、みんなそれぞれに散って行きました。うーん。まだまだ余裕の広さだぞ(笑
フェンスの写りこみが激しいので、撮影が大変そうです。さて、どうしようか。

しばらくしたら、メダカ達が群れ始めました。
群れながらツぃーーーーっと並んで泳ぐ様子にチョー感動ヽ(´▽`)/
やっぱり広い容器はいいよなぁ。

容器に合わせて、備長炭も特大ロングサイズを投入しております。

そんなところで、本日のプラ舟放流式は無事終了。
夏の終わるまでには、目を楽しませてくれる賑やかなプラ舟になりますように。


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

春の予感、と思わせといてまた冬の寒さが戻りそうな新潟。
スタッドレスタイヤ、履き換えたのにーーーー。
寒いのはともかく、雪だけは降らんといてや。(どこ弁?)




テーマ : ★水系のペットなんでも!!★
ジャンル : ペット

アナカリスを盛ってみる。

Category : 水鉢のこと
アナカリスが大暴れ。

向かって左側のガラス鉢が、チビちゃん・青・白メダカのいるガラス鉢。

中央に備長炭をドカン。
周りでアナカリスが大暴れ。(浮かんでいる竹炭はこの際無視。)

これはこれで、私なりに結構気に入っていたナチュラルレイアウトなんです。
自然体。そうです、自然体。  気取らず、飾らず、ありのまま。


ある日、気が向いたのでレイアウトを模様替えしてみました。


アナカリスサイド盛りマツモ添え。

水草を全部右側に寄せて、備長炭で押さえ、マツモを追加しました。
名付けて「アナカリス右サイド盛りマツモ添え」。

暴れアナカリスをボリュームたっぷりに盛り、
さりげなくマツモを添えたシンプルかつ大胆なレイアウトですw



ガラス鉢の空間がグーンと広がって、すっきり。
メダカたちやミナミさんたちの様子がよく見えるようになりました。


ミナミを探せ!

ミナミさん、気に入ってくれたようです。
3匹いるのがわかるかしら。



にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ

うん。今日も大きく自己満足(^ー^*)


なんか、敷き砂のこととかいろいろ。

Category : 水鉢のこと
白く濁ってますな。

楊貴妃メダカを迎えた直後の金魚鉢です。
あの、丸くて上部がヒラヒラしてる昔ながらの金魚鉢。

曲面ガラスのせいで、
楊貴妃さんがサンマになったりダルマになったり視覚的に楽しいです。


・・・水、白く濁ってますよね。

敷砂はたしか、脱臭効果のある竹炭入りの真っ黒なソイル。
・・・・・。品名は、えーっと、えーっと・・・。

忘却。

つまり、それほどこだわって選んだソイルではないのです。
たしか、睡蓮の土が少々臭うので脱臭効果ある砂がいいなーと、これに。
黒くて丸い粒々です。ホムセンでゲットしました。

「水洗い不要!そのまま使える!」というのも気に入りました。
本当にそのまま水に入れたら、ぶわーーーーーーっと黒い粉が舞い散り
洗わなかったことをひどく後悔しました。

屋外水鉢の「花鉢」と「梅壷」にこのソイルが敷いてあります。


楊貴妃を迎えた時にこのソイルを鉢からオタマで一掬いして、
ガラス鉢にいれました。水もそこから上澄みを汲んで入れました。

すでに立ちあがった水鉢のソイルと水。
だからバクテリアたっぷりのはず・・・?

なのに最初はやっぱし濁りました。


数日後・・・

数日たって、キレイに澄んだ水になりました。
今のところ維持してます。

あぁ、思い出しました。たしかコレだ。 【ジェックス メダカソイル】




いきなり、なにを語りだしたのかというと
ミナミヌマエビ・元気がない・水質・とか、いろいろ諸々を
グーグル先生に尋ねていたところ、
なんか敷き砂について勉強する羽目になりました。

グーグル先生、物知りですな。

これはー・・・青メダカ、だな。
 
大きな方のガラス鉢に敷いてあるのは砂利。・・・としか思ってなかったんですが
これは大磯砂っていうんですね。
いっちばん最初に「ピンクサンド」というメダカ専用のピンク色の砂を使ったので
それがミックスされており、ピュアな大磯砂ではありませぬが。

この大磯砂は、あのスジエビ推しのアクアショップで購入。
ネットでは「ダイヤモンド大磯砂」という名で売られている大磯砂です。
これも後で知りました。ダイヤモンド・・・へぇ。

何がダイヤモンドかと言うと、完璧な洗浄後に販売しているので
「洗う手間がいらずそのまま使え」て「歳月とともに水槽のダイヤモンドと称される(以下略)・・・

たしかにお店の外で、膨大な量の砂利をミキサー車みたいなタンクでグルグルかき回して
時間をかけて洗浄しておられました。これはチリの舞いあがりもなく、本当にきれいで良かった。


どうやら私は「そのまま使える」にヒジョーに惹かれるらしいです。
たぶん一番最初に買ったピンクサンドの洗浄にえらく苦労した記憶があるからだと思われます。

何のこだわりもなく、ただたまたま手にした敷き砂。ただの砂利としか思ってなかった敷き砂。
ミナミさんの体調不良のおかげで、この敷き砂が水質のあれやこれやに
とても大きな影響を与えるのだということを知りました。

何がどうわかったかって、書くと長くなりそうなのであれですが(すでに長いか…。)
たぶん皆さんが普通当たり前に知っている程度のことだろうと思います(笑

ミナミさんは今夜も相変わらずモゾモゾしています。


にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
思いついたことをなんかタラタラと書いてしまっただけの記事。
お付き合いくださりありがとうございました。


寒波到来。

Category : 水鉢のこと
ここ、ここ。ここに潜りたいのー。

思いがけず、自宅仕事になってしまったので本日2回目のエントリー。
仕事と言いつつ、ブログ更新とか。とかとか。

寒波到来で外は大荒れ。
こういう日は家でじっとしてるが一番ですな。

ブランケットを膝にかけて、パソコンに向かっていると
兄ちゃん犬のクーがひざに乗っかってきます。

これが温い。暖かくていいんだけど、重い。
足腰弱いんだよ、かーさんは。



ポカポカ軒下♪

天気の良かった休日に、クロメダカの水鉢も軒下側に移動しました。
こっち側の方が日当たりもいいし、雨風も少しはしのげるし。
今日は、すべての水鉢に簾をかけて凍結対策です。

ついに来るのか冬将軍。

頑張って越冬してね、メダカさんたち。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
メリークリスマス!皆さん、サンタは来そうですか?
私はセルフサンタです。


プロフィール

Non*

Author:Non*

こんにちは。Non*と申します。
オットと二人の娘、小さな二匹の愛犬と暮らしています。

13匹の野生メダカから始まったメダカの飼育奮闘記。
主にベランダの小さなビオで飼育中。
青メダカ・白メダカ・ヒメダカ・楊貴妃・パンダ・ミックスいろいろメが仲間入り。
ガーデニングや愛犬日記・子育ての徒然なども書いていこうかな。



にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
▲ ビオトープのあれこれ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグcloud
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。